映像制作の環境

映像といってもテレビなどから劇など、他にも展示物やイベント映像と様々な種類があります。

映像制作は映画会社やテレビ局、企業などで企画を立てた後に、映像制作会社に発注されることが多くあります。

それで映像制作の仕事でも、企画に携わりたいという希望があるのであればテレビ局や映画会社、企業などに属することが必要です。

映像の編集やCGに携わりたいのであればポストプロダクションに所属することになります。

映像を制作する環境には様々な分野が含まれて、多くの制作現場で作られているのです。

最初の環境はクライアントで、映像作品を必要としている企業や人の事を指します。

クライアントの目的は映像によって得られる効果を上げるという事です。

視聴率や新商品のイメージアップであったり、企業のイメージ訴求であったりと多岐に渡ります。

こうした目的を広告代理店が達成するために、企画をしたり演出をしたりという第三者的な役割を果たします。

マーケティング会社であったり、WEB制作会社や大手の映像制作会社も代理店の役割を果たすことがあります。

こうした課程を経て映像は制作されていくのです。