いろいろな歯列矯正

昔は、歯の矯正と言うと、あの前歯前面に張り巡らされた針金のようなものしか記憶にありません。
ですが今は、本当にいろいろな種類の矯正方法があるようです。
例えばマウスピース矯正と言われるインビザラインは、透明でポリウレタン製のマウスピースです。
こちらの場合は、ワイヤーや留め具を使用せずに簡単に取り外しができる比較的楽な矯正方法です。
こちらのメリットはやはり目立たないことと矯正が早いって言うことです。
あの型取りも、一回で済みますし、通院の回数も少ないのが1つです。
ただこちらの場合は治療可能な症例が限られるというのも1つ特徴としてあります。
また舌側の矯正としてインコグニトと言うものもあります。
こちら歯の裏側に、ブラケットつけたときの違和感や発音のしにくさを解消した装置です。
これは、歯の動きもスムーズになり、精密にカスタムメイドするため、一人ひとりのお口にぴったりのものを作ることができます。
こちらも比較的目立ちにくいし、矯正中と言う時のある違和感や発音のしにくさなどがないというのが特徴です。
今は昔に比べていろいろな方法がありますから、気になっていればぜひ歯医者さんに相談しましょう